HOME > セルフプロデュース講座 > 第2回:建築写真撮影テクニック❶広めの構図で撮る

住宅会社の為のセルフプロデュース講座

〜建築写真の撮り方編〜

 

第2回

建築写真撮影テクニック❶広めの構図で撮る
 

焦点距離10㎜の超々広角レンズによる撮影事例

 
前回は建築写真は住宅会社・工務店にとって最も重要な資産であるとお伝えしました。資産である以上、少しでも価値の高いモノとする為に建築写真は少しでも綺麗に格好良く上手く撮る必要があります。
 
昨今のデジタルツールの発展は目を見張るものが有ります。特に今ではほとんどの方が所有しているスマートフォンですが付属のカメラ機能による撮影はここ数年で格段に機能や性能も向上しています。我々プロフォトグラファーの存在すら脅かすのではないかと危惧してしまいます。
 
 
スマートフォンに限らずですが、建築写真の撮影テクニックはおおまかに8つあります。そんな中、スマートフォンでも上手く撮れるテクニックは4つあるのでそれを当シリーズでお伝えしていきます。

 

 
今回はその一つ目として「広めの構図で撮影する。」というテクニックです。
 
広めの構図で撮影する方法は2通りあります。一つ目は少しでも下がった位置から撮影する事です。二つ目は焦点距離の短い広角のレンズを使う事です。
とりわけスマートフォンの場合は広角レンズとまでいかない標準レンズでの焦点距離が使われる事がほとんどですので一つ目の少しでも下がった位置から撮影する事が最も重要なポイントになります。
 
そこでiPhoneで撮影した悪い撮影事例をまずはご覧ください。
 
※撮影協力 ハウススタジオ・レンタルスタジオの「ARC PHOTO-SITE」

 ×× iPhoneで撮影した悪い撮影事例 ××

 
失礼ではありますが一般的に皆さんが撮影するときには上のような感じで撮影していませんか?中にはとても雰囲気の良い感じであったり素晴らしい写真が撮れる事もあるでしょうが偶然を狙っていては無駄な時間を費やすばかりになります。
 
建築物を撮影する際は通常の場合、その場で足を止めて撮りたい部屋の全部を撮影しようとカメラ自体を下や上に向けて撮影する事がほとんどです。
そこで広めの構図で撮るを実践するには少しでも撮影する立ち位置を見直して、今よりも後ろに下がって撮影する事がポイントとなります。
 
リビングを撮りたいときにはリビングに立って撮る必要は全くありません。
隣のダイニングやキッチン越しからリビングを向いて少しでも遠くから撮影する事で必然的にさがった立ち位置で撮影する事となり、構図的にも広めの構図となります。
 
6畳ほどの和室であっても掃き出しのサッシの外に出てそこからスマフォで室内を撮影するなど、少しでも下がって撮影できる場所をみつけるのです。
 
外観での撮影も同じことが言えます。
 
比較的外観の場合は見上げて撮る事がほとんどですが見上げて撮影すると上つぼみの写真となりあまり建築写真としては相応しくありません。
 
それも建物に近付いて撮影する事でそうなってしまうのです。
ではどうしたらよいか?少しでも後ろにさがって撮る事です。
そして建物は常に垂直となる様に意識して撮影し、後でトリミングをする事でより建築写真らしく仕上げるのポイントです。
 
次の写真がそれらを意識してiPhoneで撮影した良い事例となりますのでご覧下さい。
 

◎◎ iPhoneで撮影した良い撮影事例 ◎◎

 
如何でしょうか?同じスマートフォンのカメラで撮影してもかなり良く見えるのではないでしょうか? 
 
また、現在のスマートフォンでの撮影解像度は1000万画素を超えるのが当たり前になってきています。例えばiPhoneは約1200万画素の解像度の撮影が可能です。
 
1200万画素とはどの位の解像度かと言えば普段見ているハイビジョンテレビの約6画面分の解像度になります。故にiPhoneで撮影した写真を4分の1の大きさにトリミングをしたとしても決してモニター上で見る分には問題の無い解像度であると言えます。
 
実際、iPhoneで撮影した次の画像を赤枠内でトリミングしても、ご覧のようにWEBサイト上で見る上では全く問題が無く見る事が出来ます。

 

 

 

 
 
 

⇩ 赤枠内でトリミングした画像

 

 

 

 

 
 
 

 6分の1にトリミングしても約200万画素

 
 

 

 

 

 
以上がiPhoneで撮影する時に少しでも下がった位置から撮る時の方法になります。
 
参考までに広い構図で撮る為の2つ目の方法である、焦点距離の短いレンズについてお話しします。
主なスマートフォンに使われているカメラの焦点距離は35㎜版換算で約28㎜から24㎜前後のカメラが主流です。建築写真を撮るには少しでもこの焦点距離の小さいレンズを選ぶことをお勧めします。
 
建築写真を撮影するフォトグラファーは焦点距離10㎜から17㎜前後のレンズを主に使用します。焦点距離が短くなればなるほど広範囲に広く撮影はできますが、写真の周辺の歪やレンズ自体の歪曲収差も大きくなり扱いも難しくなるのが現状です。
 
しかし、スマートフォンでも最近では広角レンズ付きの機種も発売されたりと益々スマートフォンの進化を感じるこの頃です。次回は2つ目のテクニックである「建築写真に適した8つの構図」のお話をします。
 
 

建築写真家・工務店プロデューサー
田岡 信樹
アーキフォト 株式会社 代表取締役
一般社団法人 日本建築プロデュース協会 代表理事

芝浦工業大学工学部建築工学科卒。ミサワホーム株式会社に技術入社。その後、住宅・店舗建築の工務店で住宅建築プロデュース活動を開始。1999年に工務店による「建築家で建てる家」のプロデュース事業を開始。住宅建築業界での先駆けとなる。
 
その後、建築会社で営業部長、経営企画室長を歴任、集客プロモーション活動の上で「デジタル写真撮影」の活用方法と重要性を早くから実践し推奨する。2006年建築写真のデジタル撮影に特化したアーキフォトを創業、集客できる建築写真への造詣を深め、自ら写真家としてのスキルを磨き、200社を超える建築会社、建築関連会社から直接の撮影依頼をこなす等、年間の撮影件数は300件を超える。
  
2013年には建築プロデュース概念の確立と普及促進支援を目指して一般社団法人日本建築プロデュース協会を設立、代表理事に就任。各種セミナー、講座を通じて建築プロデューサー資格者等の人材育成に力を注いでいる。
 
また、自ら運営するFacebookページは現在、約66万いいね!数を誇り、Facebook日本人写真家ランキングでは全国1位のファン数を誇る。
  
2015年電子書籍による建築写真集「一生に一度は行きたい日本の名建築」シリーズを世界13ヶ国に同時リリース、日本の建築を海外にも広く紹介している。

友だち追加